彫金アクセサリー作家・KAUS- Yamamulo Tomohilo氏とのコラボアクセサリー

 

《死想》真鍮ハットピン

死を想うと書いて《死想》。

決して死への憧れではなく、メメントモリの世界観に通ずる概念 。

 

hellbent lab.スカルの後頭部にはYamamulo Tomohilo氏が

よく使うモチーフのハエが止まっていますが、その顔をよく見ると

なんとスカルになっているというユーモア感のある作品になっています。

 

Yamamulo Tomohilo氏による、非常に精巧で繊細な彫金が施された

工芸品にも通じる逸品です。

 

〜真鍮〜

真鍮はあくまでも本物の金属で、塗料や特別な加工を施して

一切表面上にしていない無垢な素材なので、

素材そのままの美しい輝きが楽しめます。

真鍮は腐食はしにくいですが、空気に触れることで酸化し、

次第に黒っぽい色味が現れ、変化を楽しめるのも魅力的の一つです。

が汗や水分によって「緑青(ろくしょう)」と呼ばれる

緑色の錆が出てきてしまうこともありますので使用後は

乾いた布などできれいに拭き取ってください。

KAUS- Yamamulo Tomohilo × hellbent lab.アクセサリー《死想》真鍮ハットピン

¥5,720価格
  • サイズ:ヨコ  18mm  × タテ 12mm

    素  材:真鍮

     

    ※ご注文後7日前後で発送いたします

    ※ご注文後のお客様都合によるキャンセル・返品・交換をお受けしておりません

© 2017 hellbent lab. all rights reserved.